So-net無料ブログ作成
検索選択

失恋から立ち直る

失恋から立ち直ることについて。失恋から立ち直るための方法や期間・ヒーリングの曲など関連することを書いています。

 

付き合う前の段階での失恋 [失恋 立ち直る 方法]

付き合う前の段階での失恋(の感情)というのは、あり得るのでしょうか。

これは、大いにあり得ます。

相手のことが好きになり、出来れば恋人関係になりたいと思ったのに、その想い遂げられないことがわかったときには、やはり心が痛みます。

「両想いになってどっぷりと交際した後での失恋のほうが、心のダメージは大きいのではないか」と感じる人がいるかもしれないですが、これはそうとも限らないと思います。

むしろ、片想い状態のほうが純粋に相手のことが好きで、それが成就できないとわかったときのほうが辛いこともあるでしょう。

両想いとなって交際をしてみると、相手のイヤな面が見えてきたり、それを相手が直そうとしなかったり、ケンカがしょっちゅうあったりして、なんというか「別れてホッとする要素」も出てきたりします。

片想い状態だと、まだそういった相手のイヤな面などを見ていないだけに、失恋の気持ちがグッと心に突き刺さってくることがあります。

その痛みをどうするか。
やはりまずは「(心の痛みに)耐えること」だと思います。

食事をしてもおいしさをあまり感じられないでしょうし、テレビを見たり音楽を聞いても頭に入ってこなかったり、面白くなかったりするでしょう。
睡眠も、浅くなって身体がつらかったり・・・

大変ですが、そこを踏ん張って耐えるようにします。
(一般的には数日は辛いのではないでしょうか)

で、自分を責めたりしない。

自分のルックスがどうだからとか、自分のスペックがこうだからとかとか、変なことを言ってしまったからとか、この段階ではそういうことを考え過ぎるのはやめましょう。
反省や自分改善は、心が落ち着いてきてからやるほうがいい結果に繋がると思います。

あとは、次に目を向ける努力・行動を取るのもありだと思います。

ほかに恋人候補になりそうな人を探し始めるのです。

最近は、
★婚活サイト
★マッチングアプリ
★婚活居酒屋
★カップリングパーティー
 ・
 ・
 ・
と、出会いのキッカケを作ろうと考えたとき、以前より楽にできると思います。

それらをやってみるのです。

注意点があるとしたら、すぐに身体の関係になったり、恋人のような関係になったりしてしまわないように心掛けることです。

あくまで、恋人候補を探すくらいの感覚でいきましょう。

身体の関係になったりするのは、ちゃんと失恋の痛みが癒えてから。
(そうでないと、正常な判断ができない可能性もあるので)

行動を起こして⇒次に会う約束をして⇒デートをしてみる⇒恋人になるかどうか判断する
と、普通にステップを踏んでいくと最低でも2~3週間くらいはかかるでしょうから、それくらいがいいと思います。

まずは、恋人候補を複数探していく行動を取ってみるといいのではないでしょうか。


参考までに、以下に管理人おすすめのものを挙げておきます。

婚活サイト⇒ユーブライド

マッチングアプリ⇒Facebookで恋活・婚活【pairs】

婚活パーティー⇒参加者が申込前にわかる 婚活パーティー!






共通テーマ:恋愛・結婚

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。